おうちホームステイで、そもそも安易な直訳は排斥し、欧米人がよくやる表現をそっくり盗む。
日本人的な発想で何となしに英文を作らない。
よく口にする言い方であれば、それだけ単語だけを英語に置き換えたとしても自然な英語にならない。
英会話においては、覚えていない単語が現れることがよくあります。
そんな時に効果があるのが、会話の内容によっておおむねこんなような意味かなと推理することなんですよ。
ドンウィンスローの小説自体が非常にワクワクするので、その残りも知りたくなります。
英語学習っぽいニュアンスはなくて、続きに惹かれるために学習自体を持続できるのです。
緊張せずに会話するには、「長い時間、英語で話すチャンスを1度だけもつ」場合よりも、「時間は短いが、英会話する場を多数回もつ」ほうがとても有益だと言えます。

⇊こちらもチェックしてみて⇊
おうちホームステイ 7つのパターン

関連記事